今となってみれば・・・

2012年 1月 17日 火曜日 朝はどんよりと曇っていたが、急激に天気は回復した。 昨日よりずっと暖かいが北風が午前中は強くて寒かった。阪神大震災から17年も経ったのだと、ニュースで聞いて時の流れは早いとつくづく思った。

画像


今年の冬は寒い。先日の英字新聞の科学欄で今後1500年の間に氷河期がくるとは思えないという記事が載っていたが、地球自体、ある周期で氷河期を迎えているそうで、とはいえ、この言葉は嫌いだが、自然を想定することなど出来ないのであるから、想定外というのをいつも考えていなければいけない・・・

今日は、やはり、父の仏壇の納入を確認してからと思い直して、農大グリーンアカデミーの一般教養は遅れて出席した。 藤井慎介さんから午前中に届きますと言われていたので、1Fの掃除と2Fの自室、および玄関の掃除を終了後はひたすら、到着を待った。

画像
一応、漆塗りです。

母は初めて見る形だと言ったが、文句は云わなかった。私はとても美しいフォルムだと思った。将来、私が独りになっても大丈夫なように小型の仏壇をお願いしたが、とても良い出来だと思う。

この仏壇の制作をお願いしたのは、昨年7月の山の上ギャラリーの[私の椅子展]で藤井さんの仏壇を拝見して、とても気に入って、その時は作品No.だけをメモしておいた。この時点では父が死ぬなどとは思っていなくて、実際は寝付くようになった9月の中旬過ぎである。その時でも、たぶん年を越すと想うからゆっくりと制作してくださいとお願いしたくらいだ。

画像


11時40分に到着。とりあえず、確認をして、仕方なく、カップラーメンを食べて農大グリーンアカデミーへ出かけた。2時前に到着した。今日は投げ入れの授業で大層難しかったが、1時間遅れで生けて一番最後に先生に見ていただいた。なっちゃない、と出来栄えであった。

父が亡くなる1週間前か、甥っ子2号が父が好きなコーヒーの豆を買ってきたときに、ベッドを起こして、コーヒー飲んでいる父が私の顔を見てにっこりと、ほんとうににっこりと笑ったのを想いだした。

あの笑顔を一生忘れない、それくらいのうれしそうな顔だったのだ。今思うと、もう、あの時点で父は仏様のようになっていたのだと想う。

妹の仕事の関係でほんとうは2月11日が49日なのだが、2月9日に法要を行うことになった。 家に故人の骨がある時には家を無人にしてはいけないそうなので、必ず、だれかが家にいるようにしている。

私は、父がお墓に独りで入るが嫌だと言っていたので、父の骨の一部を自分で保管しようと思うと母に云うと、母は気持ち悪いというので、これまたびっくりした。

母には内緒で、小さな骨をガラスの可愛い器に入れて自室に置く。

農大グリーンアカデミーから帰宅して、父の仮祭壇にただいまの挨拶をして花を生けた。今日は寒桜と白いカラーと紫のスターチス。竹かごの花入れに生けた。

電車の中でiPodでマドンナを聞くが、私が購入したマドンナの一番新しいアルバム?はなんというか、宗教的な感じを受ける。それは、私の内面を映し出しているのかもしれないが、ほんとうにそう感じるのだ。

マドンナを聴いても元気は出ない。電車の車窓に向かって、おもわず、お父さんと呟いた・・・

画像

明日は新宿御苑でのバラの剪定実習だ。 父の手袋を持っていく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント