ただいまダディロス症候群?

2012年 1月 11日 水曜日 晴れ午後3時過ぎから雲が広がった。 夕方から北風が非情に強くなった。木枯らしだ。明日は今年一番の冷え込みになるそうな。

南京はぜの実を眺めると
画像
農大グリーンアカデミーの圃場のM先生に挨拶して、南京ハゼの白い実が可愛いですねと話しかけたら、青い空を南京ハゼの実を仰ぎ見るともっと綺麗ですよとおっしゃられたので、ハゼの木を見上げた。

今日は携帯の目覚まし機能で午前5時半起床。3日前くらいに作ったサトイモをたくさん入れたけんちん汁を1人前取っておいて、この日の朝食に用意していた。農大グリーンアカデミーの専科の受付日で専科は花卉、野菜、果樹、造園、緑と地域の5コースあり、各々募集人員が決まっていて、自分の行きたい専科に行くためには、受け付け順のため、今朝は7時前に家を出た。駅に到着して、父にお線香をあげてこなかったことに気がついたが、今日は特別だと、自分に言い聞かせた。

8時半少し前に到着、整理番号をもらったら36番だった。1番だった人は午前5時に来られたそうで、中には泊まった人もいらして、農大グリーンアカデミーの3Fは宿泊施設があり、(ここは農大の卒業生しか使うことが出来ないらしい。)私は、一時、新宿のホテルに泊まろうかと思ったほどだ。

結果は、午後3時に掲示されて、私は無事、大1志望の造園に入ることができた。 一般教養も第1希望の絵画(水彩)に決まった。25万は大きい出費だが、2月4日、5日でガイドヘルパーの研修も受けるし、その後実習を1日受けなければならないが、希望日に優先してくださるそうなので、しばらく見習い期間が続くが、木曜日以外に仕事が入れば、どんどん受ける予定だ。(仕事があれば)生活費には程遠いが、少しでもいいから収入があるというのはそれだけで嬉しい。

圃場のバラ
画像
来週の水曜日は新宿御苑にてバラの剪定実習をする。

10時の農大グリーンアカデミーの授業まではずっと新聞を読んで過ごした。午前の講義は「環境の保全と回復」という講義だった。お昼の弁当を作る時間もなく、お昼のメンバーに断りを入れて、隣のおじ様を誘って農大の学生食堂で昼食をとり、午後からの園芸実習となった。

が、実際、圃場は園芸も野菜も、今は休眠期で、なにもすることが無い。先生は草むしりを予定していたが、園芸圃場には草など生えていなくて、午後は結局、関東地方の植物園の冬の催しの紹介と、クリスマスローズについての説明をしてくださり、最後に園芸圃場を皆で観察して終了となった。

白菜の冬越し
画像


農大グリーンアカデミーで授業の時は父の事を考えないでいられるが、授業実習が終わって一歩外に出ると、父の言った言葉やしぐさが自然と心に浮かんでしまう。

父は、もう2Fの自室に行けなくなった時点で、それでもベッドと居間の間はなんとか支えてやると歩いていた。ある時、父とコーヒーを飲んでいたら、父が突然、「俺が読んだ本は皆くだらなかった」と言ったことを思い出した。父は、池波正太郎が好きで、良く読んでいた。その事を話しても、「いや、皆くだらなかった」と言った。理由を問うても答えなかった。このころからTVもまったく見なくなった。

いったい、どういう意味だったのだろう、と想う・・・体が弱ってきて、すべてがくだらなく思えたのだろうか?

一時は呆けているのだろうと思っていた、確かに、尿カテーテルの不具合で2日間病院に入院した時には実際に一時的に狂ったが、家にもどってからは、かなりの程度意思疎通も出来たし、私は、今は、あれは呆けではなくて、体調が弱ったのと、環境が変わったせいで、せん妄状態だったのだと想う。

一昨年の夏に父の友人が突然訊ねてきたことがあった。父は、にこやかに迎えていたが、この方は奥様を随分前に亡くされて、時どき父に電話をかけてくることがあった。そのたびに父に○○さんから電話だと言うと、露骨に嫌な顔をして、居ないと言ってくれと言った。この方も、寂しかったのだろうと想う。電話はいつも1時間くらいになり、父は辟易していた。しばらくして「前立腺がんに負けるな」という本を送ってくださったが、父は読むこともなかった。 母がお礼の電話をしていたが、それ以降、一切連絡がなくなった。父が死んだことはお知らせしなかった。毎年来ていた年賀状も来なかったとこのこと。もし、生きておられても高齢だし。

亡くなる1年くらい前に私は、父が自室で本を呼んでいる最中にやはりコーヒーを運んで飲みながら、「お父さん、友達いないの?」と聞いたら、「俺ぁ、もう友達なんていらねえなぁ」とも言っていた。

父は旅行も嫌いであった。元気なころは日帰り旅行には出かけたが、泊まりがけの旅行は嫌がった。自宅が大好きだった。結局、デーサービスも「くだらねえ、あんなところに行くのは嫌だ」といって一度も利用することが無かった。

父は私や母のことを「出すっぱぎ」と呼んでいた。年中でかけることが好きな人の意味らしい。

ごめんね、お父さん、もう少し一緒にいるべきだったね・・・

私は今、ダディロス症候群?なのかもしれぬ。夕食中にもまた父を思い出しては泣いた。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント