向き合って受容することは簡単なようで難しい

2011年 4月 2日 土曜日 晴れ薄曇り、なんというか霞がかかったような晴れ 現在の温度21度 暖かい。

はい!チーズ
画像


起床、朝食後、いつもの土曜日の大掃除。気分は、まあ、若干すっきり。今朝は、朝食時に父が散歩に行きたいというので、掃除が終了後、もう一度、父の気持ちを聞いて出かけることになった。

久しぶりに庭に出た父は、水仙の美しさを愛でて、そして、木瓜の花に驚嘆の声をあげた。

「こりゃぁ、たいしたもんだ。うちの木瓜はたいしたもんだ!」

画像


ねっ、綺麗でしょう。水仙はね、去年の9月の下旬にたくさん球根を買ってきて、お母さんと植えたんだよ。

画像


画像


母はヨーグルトを買うために先に出発して、駅前のロータリーのベンチで待ち合わせをすることにした。今は、納豆とヨーグルトが朝一番にいかないと買えない。それも1パックのみ。買い物を済ませた母は今日は納豆がだめだったけど、ヨーグルトは手に入れたと言う。

画像画像


桜もちらほら咲きだした。

父は、ベンチに腰かけて、「俺みたいに、管つけてバッグもっている奴はいねえなぁ」と言う。
行き交う人達を見ながら、「みんな元気でさっさと歩くなぁ・・・」とつぶやく。

スーパーの中をざっと見たいというので、1Fの食品売り場をゆっくりと見て、ふたたび、ベンチで休憩をとり、母には先に帰宅してもらった。

ふいに、父が、「自電車欲しかったら、買ってやるぞ」というので、丁寧に断って、ゆっくりと自宅に向かった。ロータリーを埋め尽くした違法駐車の自転車をみて思いついたのだと想う。

本日の昼食:オイルサーディンとあさつきのパスタ 水菓子:イチゴ

画像


父が退院して2週間。一時錯乱していたが、戻ってきて大分落ち着いたように見える。 が、昨日、3時にお昼の残りのイチゴとカリントウを添えて、コーヒーを持って父の部屋でおしゃべりした。

イチゴをほおばりながら、突然、イチゴを指して、「これはな、1回、海に出て獲ると2~3千万も、儲かるのだ」と言う。私は、困惑したが、平然と、イチゴではなくて、マグロかしら?と聞いてみるとそうだと言う。

さらに、父は、昔漁師をしていて、今も、仲間がいるから、時どきお金はいって、俺は金持ちなんだと言う。

さやえんどう
画像


嘘ばっかり・・・

父は、そのあと、私の手にお金を握らせて、好きなものを買えと言う。婆さんには黙っていろと・・・

8万6千円もあった。

私は、哀しいような、寂しいような、なんとも言えない複雑な気持ちで、母が体操教室から戻るのを待って、3時の出来事を話し、8万6千円を渡した。

錯乱は一時的なものだと思っていたが、案外、ほんとうに少し父の頭はおかしくなっているのかもしれぬと、思ったら、なんだか、愕然とした。父の荒唐無稽な話に決して反論せずに、とにかく、相槌をうちながら、話を聞いてあげようと思うのだけれど、なかなか受け入れがたいのだ。それに、認知症がこの先どの程度進むのだろうか?

画像


震災で避難所生活を強いられているご高齢の方々にどうぞ、はやく、プライバシーが守られて、落ち着ける場所を作ってあげてください。避難所で、認知症になってしまわれぬように・・・どうぞ、どうぞ、お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ロンリーソナタ
2011年04月02日 20:09
チューリップ信じられない位可愛いですね
お父様はお二方から手厚い介護で、とてもお幸せですね。
obasan
2011年04月03日 21:24
ロンリーソナタさん、ありがとうございます。このチューリップ見た瞬間、なんだか、よりそっている恋人のように見えました。擬人化してみたのです。