♪いいえ、私は執念深い女ぁ♪

2011年 1月 25日 火曜日 晴れ 今日は大分暖かく感じて過ごしやすい。暑がりの私が本当に底冷えすると感じるくらいだから、今年はやっぱり寒いのだ。そういやあ、築35年以上の我が家、当時使われていた、断熱材なんてほとんど断熱の役割を果たしていないそうな。道理でほんとうに寒い。

朝、起床できず。怒りは体力を消耗す。トイレに一度起きたが、ひどいめまいで布団の上でひっくり返った。なんだかふてくされた気分で11時半まで眠ったり、ぼんやりとしていた。だから、本日は掃除もせず。先ほど、リンゴを1個とヨーグルトを食べた。母は、出来あいのお寿司を買ってきて父と食べたらしい。(こういっちゃぁ、なんだけど、なんで、あんなまずい寿司を買うのか不思議だ。)父は私に、「婆さんは一番安い寿司を買って食わせるんだ」とぼやいていた。母に言わせると、一番少ない量のを買うから仕方がないのだそうな・・・

画像
カンボジアにいったのはかなり前だったけど、暑かったぁ。

でもねぇ、わが母って、ものすごい見栄っ張りでね。私は、リストラでサラリーマン人生に終止符を打つ以前に、2度転職している。1度目は次の会社が決まってから退職した。2度目はどうしても、上司と会わなくて、次の会社が決まる前に退職した。

無職の期間が7カ月あったのだけど、つまり次の会社がきまるまで7カ月かかったということ。その間、母は乳がんで入院していて、私が、見舞いに行くと、毎度、

「無職で世間体が悪いから派遣でもアルバイトでもいいから仕事を探せ!」と病院のベッドで怒鳴っていた。

そんな矢先のある晩、自分のおっぱいに小指ほどのしこりがあることに気がついた。

まあ、詳細は省くけど、良性の腫瘍が出来ていて、すぐに手術してとった方がいいということになり、母が入院している病院で手術した。

私が、こういう状態なのに、母は、毎日、毎日、これでもかと、うるさく仕事しろ、仕事しろ、と怒鳴りまくる。

いくら良性といえども、身体にメスを入れるのだから、毎日消毒に行かなければならない。 このころは景気が良くて、派遣会社に登録すると、その場ですぐに仕事が決まった。

だから、手術後すぐに仕事を始めたが、当然、病院に消毒に行かねばならず、定時出勤ができない日が続いて、担当者から、

「あなたみたいに病院に通う人は要りません」と採用後3日で首になった。

この時の悔しさや母に対する恨みつらみが未だに消えない。

時どき、たとえば、昨日のように馬鹿妹の件があったりすると、ずいぶんと妹には優しいのであるなぁと妙に感心して、母の顔を見るのも嫌になるのだ。

いくら私を産んで、育てたからって大きな顔するなよ!

あんた、私に対して、随分と精神的虐待をしたよ!

と、そっと心の中で叫ぶ。

今日は体調不良で後ろ向き。画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント