真珠と人肌

2021年 6月 21日 「真珠は人肌に触れないと徐々に死んでしまう」という一文を、須賀敦子全集第1巻で読んだ。

つまり、時折、使用しないと、真珠の光沢は枯れてしまうのだ、と書かれてあった。

ふっと、ため息をついて、クローゼットの引き出しのパールのネックレスを眺める。

去年は1度も装わなかった。

庭のバラIMG_7173.JPG

それにしても、美しい文章でつづられたエッセイばかりで、あっという間に小一時間が経ってしまう。

IMG_7174.JPG

ヤマボウシはとっくに散ってしまったと思ったら、こんなふうに、遅く咲く種類があるのだろうか?

美容院に行く途中の通りで満開の1本をつくづくと眺めた。

IMG_7175.JPG

美容院で聞いた話。 

ワクチン接種9日後に出た副反応の話をしたら、

「あ~、それは、モデルナアームって言うのよ」 なるほど。なるほど。

美容師さんとそのご主人様は3人の高齢者さん(親御さんに祖母様)を横浜大規模接種場へ先週連れて行かれたそうで、

「そりゃあ、大変だったわよ」

何処も同じ。

庭のガザニアIMG_7162.JPG

美容院の帰りに焼き菓子を買った。 接骨院に寄るためだ。

少しは通った方がいいのだが、母は、もう、行きたくないと言うばかり。

いろいろ便宜をはかってもらい、なんとく、このまま止めてしまうのは申し訳ない気がした。

(母が)気が向いた時にでも、いつでも連れて来なさいと言われて安堵する。

庭の自生ベコニアIMG_7163.JPG

庭のベコニアは、何て言うか、わざわざ好んで日陰に自生する。 

住環境は、半日半陰がお好みなのかもしれない。



つい先日まで、与論島のホテルには空きがあった。 

ふと思い立って予約画面を見たら、7月はおろか8月末日まで全室満室になっていてびっくり。

考えることは皆同じ。 

与論島へは来年に行くことにする。



午後からタイムズを読んでいた。 プライベートジェットが活況を呈しているという記事。

ワクチン接種が済んだ大金持ちは、続々と海外旅行をお楽しみ。

まあ、私には関係ないけど、それはそれで、ため息。



写真日記ランキング

虚しくとも毎日

2021年 6月 20日 今日は何にもしたくない、と目が覚めた時にそう思った。

プールすら、今日はいいやと思った。

思ったが、洗濯しなきゃならないし・・・


Lying flat(寝そべる)世代というのが中国で話題というより、懸案事項になりつつあると新聞で読んだ。

アンチ996 午前9時から午後9時まで週に6日働く生活なんてまっぴらごめん。

だから、結婚もしたくないし、子供なんて要らない、という主張。

確かに996は辛いわ・・・

産児制限を緩めても、出生率は上がりそうにない。

カラスまで50センチIMG_7170.JPG

なぜか最近カラスがうるさい。 

キュウリが裏庭圃場の何もないところに転がっていて、えっ、と思った。

手に取って、ひっくり返したら、中身が無い。

カラスって、キュウリ食べるんだぁ?

個人的には嫌いじゃないが、西表島のホテルの中庭でカラスに何度も頭をつつかれた経験があるので、なんだか怖い。

多分、近くに巣があって、私は侵入者として認識されたのだと思う。

本日の収穫 キュウリ14号、15号 茄子6号 フルーツトマトIMG_7161.JPG

本日の収穫 インゲンIMG_7168.JPG

インゲンだけは毎年よく採れたはずなのに、今年は駄目である。 根切り虫にやられたし、追加で播種したのもイマイチ。

庭の百合も終わりIMG_7167.JPG

IMG_7166.JPG

結局、ちゃんと起きて、いつもの通り。

やっと左腕の熱を伴う腫れもひいた。 ただし、未だに脇に違和感あり。


もう、そろそろいいかな(目薬)と思って点眼を止めると、母の目は目やにだらけになる。


6月も終盤。 2021年も半年過ぎるんだな、と思うと、なぜか虚しい。

虚しくとも毎日。



写真日記ランキング

気が済む

2021年 6月 19日 霊園シャトルバスは貸し切りかもしれないと思ったが、そんなことは無かった。

今日は1日中、雨が降ったり止んだりだったが、他にも乗客はいた。

父の月命日は26日である。 来週の土曜日が26日。

でも、その日が晴れるかどうかはわからない。

今日出かけてよかった。 墓参中はほとんど傘をさすことが無かったから。


庭の百合は終盤で、寂しくなるなと思っていたが、庭のガザニアが再び咲き出した。

写真はすべて昨日の物。

IMG_7157.JPG

IMG_7156.JPG

IMG_7159.JPG

IMG_7158.JPG

山の上の方は霧が立ち込めていて、そこだけを眺めていれば、幽玄な景色に思える。

とはいえ、広大な敷地はすべて墓所である。


気が済んだが、疲れた。



写真日記ランキング

始まる

2021年 6月 18日 届いた本の表紙が、私の大好きなモランディの絵だと思ってわくわくした。

須賀敦子全集 第1巻 ミラノ霧の風景 

手に取ってよく見れば、それは写真だった。 モランディのアトリエの写真。

ご近所さんが、3年くらい前だったか、モランディ美術館に行かれたそうで、うらやましい、と思ったことを思い出した。

ムーミンの後、休止していた読書を始める。

IMG_7112.JPG

何の木かわからないが、白い花シリーズ。

IMG_7130.JPG

16日の水曜日に○×工務店から連絡があった。 屋根と外壁塗装工事が始まる。

駐車場の持ち主には挨拶を済ませてあり、両隣も工務店側から挨拶に行くので、私は何もする必要はないそうな。

今朝は、下請けの方だろうか? なぜかスーツ姿の若い兄ちゃんが、足場を組むのに、家周りを計りに来たという。

大きなメジャーでぐるぐると回って計測していた。

22日火曜日から工事は始まる。

本日の収穫 茄子5号と不肖のキュウリIMG_7160.JPG

茄子はどうやら丸茄子らしい。 先日収穫したのも丸かった。 揚げびたしにしたら美味しい。

不肖のキュウリは、その形がユーモラスで笑ったが、味はおいいしいキュウリである。

キュウリ13号は欠番にすることにした。


母は、もう、接骨院には行かないという。

入浴させて洗髪したら、気持が上向いたのか、夕食時に、ビールをちょっぴり飲みたいという。

コップに1センチ程度注いだら、もう少し、と言われた。

このまま弱るかと危惧したが、復活し始めた。



明日は雨だが、墓参する。 

供える花に百合を選んだ。


追伸:

頂いたコメントで、接種したワクチン(モデルナ)には、私のような副反応があると教えて頂いた。感謝。

左腕上腕部は熱をもって赤く腫れあがり、相変わらず、脇のリンパ腺も腫れている。

カロナールは飲むのを止めた。

別に死ぬわけじゃなし。



写真日記ランキング

つまづく

2021年 6月 17日 いかなる庭仕事であろうと、サンダル履きは止めた方が良いと、痛い思いをして戒められた。

庭の紫陽花が汚らしくなってきた上に、雨で花が重くて倒れていた。

妹が来る前に刈ってしまおうと軽い気持ちで剪定ばさみを持ってきて、刈りあげた。

一旦、剪定ばさみを庭に置いて、ゴミ袋に詰め込む作業をしていたが、庭に置いた剪定ばさみにつまずくとは思わなんだ。

あまりの痛さに悲鳴を上げたら、丁度、妹の姿が見えた。

足元を見れば、みるみる出血する。

「お姉ちゃん、年取ったねぇ」って、他に慰めの言葉はないのかい!

野アザミIMG_7131.JPG確か、花言葉は「触れないで」だったと思う。


妹はパソコンを買ったそうで、設定は息子にしてもらったが、操作方法を教えて欲しいということだった。


午前中はなかなかスリリングな天気で、ギラギラと太陽が顔をのぞかせるかと思うと、雲がかかって暗くなる。

今日は、母と私のシーツを洗った。 11時頃、空が不穏になり始め、間一髪で乾いたシーツを取り込んだ。

遠くで雷鳴が聞こえて激しい雨が降ったが、午後は晴れ上がった。

IMG_7114.JPG

空は晴れたが、私の腕は依然腫れあがったままだ。

カロナールは5日間分処方されたが、こんなもん、もう飲みたくない。

IMG_7154.JPG

接種後、一旦、皮膚の赤みも腫れも引いたのに、再発する?って何なんだろう・・・

「やっぱさア、性格が悪いと副反応も強いんじゃないの?」と妹。

やっぱ、なんて、下品な言葉使いは止めなさい!


母は、今日はうれしかったのだろうと思う。 食欲が少しばかり戻った。

本日の収穫 キュウリ 11号、12号 フルーツトマトIMG_7155.JPG

妹は、性格の悪い姉が作った夕食をたらふく食べて先ほど帰宅した。



写真日記ランキング

反応する

2021年 6月 16日 今朝の朝刊の川柳欄に次の一句があった。

すみませぬ。 勝手に載せます。 ごめんなさい。

「健康でかかりつけ医の居ない不幸」

私も実はまったく同じ。 2012年だったかなあ、発熱した最後。 10年近く風邪もひいていない。

昔通っていた医者は超高齢になって、店じまい、じゃない閉院。


今日は、横浜市特定診断を年に1度受けに行くクリニックへ11時半に入った。

待つことゆうに1時間以上。 やっと名前を呼ばれる。

医師(女性)「え~と、脇の下が痛む? 乳腺外科じゃないの」

人間ドックの結果を持参して、乳がんの可能性は少ないと私は思う、脇の下と言うより、脇が痛むこと、腫れていることを伝えた。


「あらっ、本当に腫れている。」

脇をギュッと押されて、「結構、痛みます」

「これねぇ、リンパ腺が炎症おこしているのよ」 (それくらい、アホでもわかるがな)


と、傍らに居た看護師が、先生、「左腕が赤く腫れています」

「あなた、ワクチン打った?」 打ちましたが、9日前です。


「でもね、それよ、それしかない、副反応。 カロナール出しておくから」で、はい、お終い。

雨に打たれたホウセンカIMG_7150.JPG

タイトルはだから、反応する。

でも、本当に9日経っても、副反応って出るんだろうか?

確かに、ここ数日、腕が痛んだ。 汗っかきだし、半袖Tシャツの袖がすれたのだろうと思い、なるべく触らぬようにしていた。


今日は、野暮用があり、母に昼食を用意して、自宅を11時20分に出た。

クリニックを出たのが、午後1時過ぎ。 お腹が空いたが、そのまま電車に乗って、午後4時前に帰宅した。

出かける前IMG_7149.JPG

駅前のラーメン屋に入ろうかと思ったが、汁が飛んで、白いブラウスに飛びそうな気がして止めておいた。


あ~あ、疲れた。 今日は母を風呂に入れて、足の爪を切ってから夕食の膳についた。

今日はなんだか、ビール(200cc)を飲むのを止めておいた。


私の左脇のリンパ腺は、副反応だかなんだか知らぬが、とりあえず、戦っているのだ。

結果として、腫れて痛む。

私の身体の素直な防衛反応。

カロナールという解熱鎮痛剤は飲んだ。


写真日記ランキング

装う

2021年 6月 15日 タイトルを動詞にするって、簡単で良い。 暫く続ける。

梅雨の晴れ間、朝から洗濯をして忙しくしていた。

なぜなら、昨日は装った。 和に装う。 

夏用の和装用下着の上に洗濯可能な長じゅばんを着た。

梅雨が明けて、本格的な夏になったら、私には和装は無理である。

暑くてかなわない。


「忙しそうだね、後でいいから一緒に行ってくれる?」と、帽子をかぶった母は準備万端。

おやおやおや、珍しい! 母の気持ちが変わらないうちに、車いすにのせて接骨院に出かけた。

IMG_7107.JPG

庭の鉢植えキキョウがたくさんの花を咲かせ、とてもきれいだ。

昨年の敬老の日に甥っ子1号のお嫁ちゃんが母に贈ってくれたものである。 

植え替えたら、3倍くらいの大きさにに育って見事に咲いた。

IMG_7148.JPG

一旦帰宅して、農協へ朝どりのトウモロコシを買いに出かけて戻ったら、お昼になった。

通りすがりにIMG_7146.JPG

IMG_7147.JPG

ただいまと声をかけたら、母はぐったりとベッドで眠り込んでいた。

車いすで移動するだけでも、疲れると言う。 今日は風呂にも入らず。

食欲もかなり落ちたが、動かないので仕方が無い。

それでも、朝早い時間帯に庭に出るようになったのは良い兆候だと思う。

本日の収穫 キュウリ 8,9,10号IMG_7145.JPG

キュウリは奮闘している。

装い 顔はトリミングIMG_7144 (2).JPG

明日は私はクリニックへ行く。 気になるので診てもらう。

左脇の下が腫れて鈍い痛みがある。 変だと思ったのが日曜日だから、今日で3日目。

5月の人間ドックで乳がんの検査は済んでいるので、乳がんということは無いと思う。



デルタ型って、ギリシャ文字もこんな使われ方はされたくないだろうな。

差別助長させないためらしいが・・・



写真日記ランキング