毎日を繰り返していかなきゃね。

2020年 6月 6日   あたし、マスクどこにしまったかしらね? と母が聞く。

薬箱の中と答える。

今朝、朝刊を取りに行ったら、ポストにアベノマスクが届いていた。

母に見せたら、恭しく受け取って「大事なものだからあたしがもらっておく」と母は答えた。

黙ってみていたら、母はそれを薬箱の中に入れた。

庭のパープルベルガモットIMG_4581.JPG東側のパープルベルガモットは抜かれずに済んだ。 南側はほとんど抜かれていて、数本ヒョロヒョロと生えている。

今日初めて綺麗な茄子を収穫した。

美茄子3号IMG_4585.JPG

上五島のホテルの夕食は1泊目が地元産の食材の和食で2泊目が洋食だった。

「こちらはビトンの$%&#でございます」って言われて、

ヴィトンって、何ですかと聞いたら、美豚のことで、ビトンだそう。

美をつければ・・・美女、美男は一般的だけど、美牛もあれば、美山羊もありってことだな。

今、話題の競争馬のアーモンドアイっていうのは、美人の切れ長の目の意味だったような。

庭のバラIMG_4587.JPG

今日もいつもの土曜日。 夕方ジムのプールにチェックイン。 

検温のため足のマークのところに立つ。

スクリーンには「遠すぎます」と指示が。

顔をぐっと近づけると、「近すぎます」、さらに「体温が34度以下で測定不能です」だそうで、

まあ、私もいつか死ぬんだろうけど、今は生きているわさ、などと思い、再度試みるも同じだった。

飛沫防止シートの中のフェイスシールドを付けたスッタフにお願いして検温してもらった次第。



プールからの帰り道、駅前にあるファミレスの幟に目が行く。

「ただいまアルコール除菌中」とあった。

除菌中ののぼりねぇ・・・ため息。

生きている間にこんなことが起きるなんて思ってもみなかった。

でも、毎日を繰り返して行かなきゃね。

6月3日の窓辺IMG_4563.JPG

最近、窓のある風景が好きなんだ。


今スマホがなった。 横浜に大雨警報。 遠雷の音が少しづつ大きくなっている。

飛ばないうちに更新する。


写真日記ランキング

だから私はまた行きたい。 上五島の旅

2020年 6月 5日 コロナ第2波が危惧されている時に適切ではないことを重々承知の上で更新する。

4月の緊急事態宣言直前に短い旅に出た。 島嶼であることを考慮すれば、本当にヒコクミンテキコウイだと思う。

非難は当然だと受け止める。

IMG_3982.JPG

IMG_3983.JPG

良い意味で本当に忘れがたい旅になった。 


だから私はまた是非行きたい。 コロナが収束したら。

観光を請け負ってくださった有川タクシー様、ありがとうございました。

私の日程表を作ってくださり、資料を整え、世界遺産の教会はあらかじめ予約まで入れていただいた(残念ながら入ることは叶わず)。

本当に一生懸命、私を気にかけてくださり、感謝の言葉しかありません。


宿泊したマルゲリータホテルの皆様、本当にありがとうございました。 素晴らしいホテルです。

あのような時期に居心地よく過ごせたのは皆様のお蔭です。

リピーターになります。 


個人的感想になるが、福江よりづっと良かった。 もう良い印象しか無い。

上五島は福江と違って、アクセスが難しいが、そんなことは問題にならない。

IMG_3965.JPG

IMG_3957.JPG

IMG_3974.JPG

IMG_3969.JPG

IMG_3978.JPG

IMG_4031.JPG

IMG_4011.JPG

IMG_3993.JPG

IMG_3995.JPG

IMG_4014.JPG

IMG_4018.JPG

IMG_0489.jpg

IMG_4071.JPG

IMG_4064.JPG

IMG_4068 (2).JPG

今日は昼食まで座ることができなかった。 

金曜日のルーティンを終えて、青梅ジャムを作った。

青梅が終わると、次は杏子ジャムを仕込むことになる。



写真日記ランキング

戻ること。

2020年 6月 4日 年をとると早く目が覚めると言われているが、もともと若いころから目覚まし時計を必要としなかった。

早朝覚醒。 もうひと眠りと思ったが、眠ることができず、起き上がって「失われた時を求めて」第5巻を読み終えた。

5巻の最後はまさしくソドムとゴモラを予感させる。

庭の百合 朝IMG_4566.JPG

最後の買い出しが先週の土曜日。 さすがに冷蔵庫の食材が欠乏し始めた。 

洗濯掃除の後にまず、買い出し。

一旦帰宅。 食材を冷蔵庫に入れ、水を一杯飲み干して、電車に乗ってクリーニング店へ出かけた。

出来上がり日が4月17日だったのだが、お店が入っている商業施設のビル全体が自粛で営業中止。

昨日は途中下車するのが億劫になり今日になった。

再度帰宅したらお昼近い。 

休む間もなく携帯が鳴る。

人間ドックを予約していたクリニックからで、5月11日に予定していた検査の振替日が6月18日と決まった。

こんなふうに、宙ぶらりんになっていた予定が片付いていく。

IMG_4569.JPGこちら側の百合は一昨年の物。

昼食時の母の話は母の母(私の祖母)の妹の話だった。 もう何万回?も聞いた話。

結婚してすぐに夫を徴兵されたが、戦死する。 子供はいなかったが、婚家の計らいで9歳年下の夫の弟と再婚。

ハツエさんという名前だった。 

「ハツエのところに行くたびに、顔が張れて青あざだらけで、本当に可哀そうだった」って、母ちゃんがよく言ってた。

母が何を言いたいかというと、つまり、ハツエさんもまた戦争の犠牲者であるということ。

お母さんは良かったね、お父さんは暴力を振るう人でなくて、と、私は毎度この言葉で母の話を締めくくる。

夕方の百合IMG_4571.JPG

コロナの果報と書くと、とんでもないことだと言われそうだが・・・

今日も夕方ガラガラのプールで35分間無心で泳いできた。 

それも6月12日までらしい。 中止されていたキッズスクールが再開されると聞いた。

スタジオでの運動は気分が滅入る。 必ずマスク着用だそうで、行く気がしない。 

ジギタリスIMG_4572.JPG

ジムを出たら、植え込みにジギタリスの花を見つけた。

以前、庭に二株あったのだが、母が捨てた。 

種苗会社から取り寄せたものの、庭にあったものとは違っていた。

結局、私が枯らしてしまった。

縁が無かったな、などと思う。

庭のあちら側の今日の百合IMG_4567.JPG

それにしても、日米欧の株式市場がすでにコロナ前まで値段を戻したというニュースを聞いた。

変な気もするが、すぐに戻るものもあり、戻らないこともあるってことだ。


木彫りは残念ながらいまだに再開される予定が無い。


3回にわたる外出で今日はなんと8600歩以上を歩いた。 近距離も3回繰り返すと結構な距離になるものだ。 


写真日記ランキング

百合の季節

2020年 6月 3日 変わった百合が咲いているから、庭に来てごらん。

掃除機をかけていたら、母が庭から呼ぶ。

庭の百合IMG_4557.JPG

明日は黄色の百合が咲く。

IMG_4558.JPG

去年母が庭のパープルベルガモットをごっそりと引っこ抜いて捨てた後に百合の球根を植えた。

その話をしたら、もっと盛大に植えたら良かったのに・・・

そういうけどさ、百合の球根はね、種苗会社のオンラインショッピングでしか手に入らないんだよね。

カード決済で、私の銀行口座から引き落とされる。 そんなにたくさん買えないわさ、と呟いた。

どうせ、説明しても母は理解できない。

ホテルの中庭IMG_4564.JPG

お昼を食べて出かけるつもりだった。 

住民税を払うべくコンビニへ行った。 せっかく出かけるんだ、ゆっくりしたい・・・

おにぎりを2個買って自宅へ戻る。

お母さん、お昼におにぎり食べてもらえる? デザートに冷蔵庫にキウイをむいていれておくから。

話し相手が居ないのは寂しい、と母が言う。

(でもね、お母さん、デイサービスは絶対行きたくないんでしょ?)言葉を飲み込む。


午前11時半に家を出て、修理をお願いしたネックレスを受け取りに行った。

山下公園周りは鉄砲ユリが満開だったが、なにせ、ひどく蒸し暑くて散歩する気分になれず。

IMG_4562.JPG

お茶を飲んでぼんやりとした。 

それにしても・・・

世の中はアクリル板とビニールシートで覆われた。

この歴史あるホテルの喫茶室も、ミルクピッチャーもシュガーポットも消え失せていた。

あのポイ捨てできるプラ入りのミルクと砂糖。 衛生上の問題だろうが、なんとも寂しい限り。

IMG_4560.JPG

ネックレスを受け取った際に、スタッフが言った言葉。

「春が消えちゃいました」 

そうだろうねぇ・・・

4月8日に電話をもらった。 

ネックレスは9日に横浜店で受け取れる予定なのですが、残念ですが、9日から営業自粛のためしばらく閉店になりますって言われたんだ。

IMG_4561.JPG

そんな事情を知ってか知らずか・・・

真っ白な鉄砲ユリは綺麗だな。



写真日記ランキング

草無利子 

2020年 6月 2日 今日は散歩に行く機会を逸した。 洗濯物を干したら、雲行きが危うくなりかけた。 

庭の美容柳IMG_4553.JPG

「孫来ない、(10万円の)申請書来ない、安倍のマスク来ない。」3来ないっていう川柳を少し前に新聞で読んだ。

頂けるものはなかなか来ないが、払えよ、っていう書類はちゃんと届くな、などと思う。

そろそろだろうと思っていたが、今日、私宛に住民税納付書が届いた。

ほんのちょっぴり個人年金という雑所得があるので毎年来るのだ。

庭のサツキ IMG_4554.JPG

散歩に行くことが出来ず、裏庭圃場で草むしりを始めた。


何か予感があったわけではない。 

スマホはいつでも自室のドレッサーの上に置いてあるのだが、今日に限って、1階の居間の縁側に置いた。

あ~、家の固定電話が鳴っている。 母はベッドで眠っているから、起き上がるころには切れている、と考えながら、草むしりに没頭。

すると、間を置かず今度は遠くでスマホが鳴り始めた。

もしかして、私の? 急ぎ手袋を外して、縁側の携帯を取り上げた。


もうじき我が家の1本上の道を車で通過するという、待っていてくれ・・・

今年1月にソール ライター展にご一緒して以来、コロナ禍のため会う事がなかった。

ありがとうございます。 早速使わせていただきます。

裏庭圃場のトマトIMG_4549 (2).JPG

IMG_4550.JPG

午後はいつもの通り自室で過ごす。 洗濯物は午後3時過ぎに漸く乾いた。 

午後4時にジムのプールへ向かった。 

疲れることも無く、悠々と約30分余りノンストップで泳いだ。


草無利子というのは、ブログを更新していて、草むしりとタイプしたつもりタイポミスである。

おまけに、無利子と変換までしてくれて、暫くスクリーンを眺めて笑ってしまった。

草ってね、無利子どころか、増える、増える増える。

2階からみた圃場IMG_4556.JPG





写真日記ランキング

最初の1日

2020年 6月 1日 バレリーナの森下洋子さんの言葉を思いだした。

「練習を1日休めば、元の状態を取り戻すのに何倍も練習しなければなりません」

庭の紫陽花IMG_4548.JPG写真はすべて昨日撮影。

今日はジムの営業開始日で、初日は混むと判断して明日行ってみようと思っていた。

朝の掃除の最中になんだか無性に泳ぎたくなった。

プールは混んではいなかった。 漏れ聞くところによれば、7月まで休会、もしくは退会した方も多いらしい。

わ~い、と心の中で叫んで泳ぎ始めた。 だんだんと息が上がる。

そんなに泳いでないんだけど・・・

折り返しの時に、ひょいと時計をみれば、やはり、なんだたったの15分しか泳いでないじゃん。

IMG_4545.JPG

息を整えるため20秒ほど休憩を取って、その後10分泳いで、なぜか、もう十分だと思った。


わ~い、泳ぐってなんて楽しいんだろうと帰宅した。

涼しくて、ベッドの中に潜り込んだ母を見て、お昼に温かい天ぷらそばを作る。

このあたりから不調になった。

IMG_4547.JPG

夕食の下準備をかろうじて済ませて、自室に戻ったら、寝込んでしまった。

不調というより疲労。 どっと疲れが出た。

IMG_4544.JPG

最後に泳いだのが4月4日。 ほぼ2か月泳いでいない。 運動はたまの散歩と毎日のストレッチぐらいだった。

身体が衰えているのだと痛感した次第。

午後5時まで本当に寝込んじゃった。

それでも母を入浴させたし、足の爪も切ったから、まあ良しとする。

追伸:

ジムは入館するのに15分もかかった。 そんなに大勢いないのに。

体温検知の機械がアホで、そのたびにスタッフが飛んでくる。

その後は自己申告書にサインする。

至る所が使用禁止。 給水機も駄目なら、水着脱水機も使用禁止だった。


写真日記ランキング

少しづつ戻る日常

2020年 5月 31日 私のデスクトップにはカメラの機能がない。 

だから今流行の、或いは注目のZoomを使ってオンラインでつながることは出来ないし、実際のところ、そういうことをする相手もいない。

スマホのフェイスタイムを1度ためしてみたが、なんだか、変な感じがした。

庭 サツキと美容柳IMG_4542 (3).JPG 今年は庭のサツキが十数年ぶりにほぼ満開になった。

IMG_4541.JPG

昨日ひどく疲れたせいか、今日は洗濯掃除を済ませた後は、自宅敷地外には出なかった。

お昼の仕度をするために階下に降りていくと、やはり1階は全部戸閉になっていた。

お母さん、寒いの? 25度はあるわよ、と声をかけながら、窓を開けて網戸にした。

午後2時半にお茶に誘ったら、ちゃんちゃんこを着ていて、びっくりする。

梅雨明け後、猛暑がやってきたら、母の冬物をもう一度洗濯しようと思う。

IMG_4546.JPG

19世紀後半に漸く、電話が出現する。 といっても、まだまだ一般的ではなくて、郵便局などへ行って電話を待つ。

「失われた時を求めて」を読んでいて、そんな時代背景が見えてきて興味深い。

プルースト自身である「私」はパリを離れた郊外の街の郵便局で祖母からの電話を待つと言う下り。

人の声というものは、聴覚の他に目前に居るその人を視覚的に感知して認識するものだ、みたいな文が書かれてあった。

うむ。 

オンライン飲み会なんていうのを、19世紀の人、というより、プルーストはどう思うだろう・・・

再びの黒野良IMG_4527.JPG

後もう少しで5巻目を読み終えるのだが、残念ながら、5月中に読み終えることができなかった。

さて、明日からは6月1日。 ジムは明日から営業するが、明日は行かない。

4日の水曜日に修理に出したネックレスを取りに行くことに決めた。 ついでに帰りにクリーニング店にも寄ることにする。
 
少しづつ戻る日常。

それが継続するや否や?


写真日記ランキング